2012年 02月 25日 ( 1 )

あれこれお出掛け

 先週から今週にかけて、色々お出掛けをして
 良いものたくさん見てきました。

 
 まず、緑区のcocoroさん。
 会期はもう終わってしまいましたが、京都の作家さん達による
 展覧会に伺いました。
b0184454_12383494.jpg
 皆さん個性的な作品ばかり。。

b0184454_12371520.jpg

 こちらのフエルト仕様の女の子を連れてかえりました。
 裸んぼで でーんと構えています。

 cocoroさんは今年初めて伺いましたが、来月からも
 展覧会が目白押しみたいですよ♪



 それから千種区のHARPさんへ。
 こちらも今年初めて。久しぶりに伺いました。
 伺っていない間にお店のリニューアルがあって。。

b0184454_12472158.jpg
 すごい!ガレージに、お部屋がひとつ増えていました。
 ますます楽しい空間になっています。

b0184454_12495736.jpg
 ハープちゃんのタイル流しが迎えてくれました。かわいいな。
 タイル作品も新しいものが沢山増えていましたよ~♪




 それから、ずっと楽しみにしていた
 芹沢けい介さんの展覧会を見に岡崎市美術博物館へ。
 
b0184454_136405.jpg
b0184454_13781.jpg
 山の中に突如現る!という感じ。開けていて気持ちの良い場所です。

 
b0184454_134732.jpg
芹沢さんは静岡の呉服商の生まれだそうで、子供の頃から色とりどりの着物を目にされていたんでしょうね。

洗練された色かたちに凄みを感じるのに、はねつけるような感じはないというか、身の回りでぜひとも使って、一緒にいたいと思える図案ばかりでした。

意外だったのは、展示に染織のものばかりでなく、ガラス絵や板絵など私的な制作のものも多くあった事です。また違った一面を見る事ができました。





 最後に、先日一宮市の三岸節子美術館
 「マリー・ローランサンとその時代展」を見に行きました。
b0184454_1414862.jpg


 これまでなかなかマリーローランサンの本物を見る機会が
 なかったのですが、今回まとまった数も見る事ができて、
 やっぱり印刷と本物じゃ全然違うな~と思いました。
 ギャップが大きかったです。

 昔はあまりピンとこなかったのですが、だんだん良さが
 わかってきたような(ほんの少し)。。最近ではとても好きです。

 ワンフロアがマリーローランサンのみの展示だったんですが、
 フロア全体が明るく軽ろやかな空気に満たされていて、
 幸福感がただよっていました。



 本当に良いものって良い意味で地に足がついていない というか、
 ちょっと時空の違うところで漂っているような。。
 変なこだわりがなく、大きな空気の中に解き放たれているような感じがします。
 クリアで純粋というんでしょうか。

 そんな作品に触れると、自分の中も一度お洗濯されたような、
 すっきりとした気分になります。

 なので、色々見に行くのは好きです。
 どんなに良いものに巡り合っていても、その時の自分には良さが全く
 分からない状態かもしれないし、自分の状態を知るためにも、
 長い時間をかけて多くの作品とお付き合いしていきたいです。





 

 
by ayakohangae | 2012-02-25 14:11 | Trackback | Comments(0)